獣医師がすぐ出来る2つの節税

獣医師が出来る節税法と言っても、税法の抜け道や怪しげな投資には絶対に手を出すべきではありません。

また、怪しくなくても、金融商品のコストがバカ高かったり、思わぬリスクが内在している事があります。

銀行や保険会社、証券会社が積極的に売り込んでくる商品は、概して手数料等のコストが高いものです。

なぜなら、獣医師の先生が払うそのコストこそ、金融機関の利益であって、運用が良かろうが悪かろうが、金融機関の利益には関係ありません。

 

獣医師の先生におすすめの節税法

 

所得税とは所得(売上ー経費)× 税率です。


税率を下げられる大きな方法は法人成りですが、すでに会社を設立されている獣医師の先生も多いでしょう。


ここでは所得を減らせる(所得控除できる)小規模企業共済と個人型確定拠出年金「イデコ」を取り上げます。

 

老後も見据えて長期投資するなら、節税しながら積立できる「小規模企業共済」と「個人型確定拠出年金 イデコ(iDeCo)」の2択です!

 

小規模企業共済と個人型確定拠出年金イデコについてはこちらのサイトをご覧ください。