外貨運用なら外貨預金よりもFXが有利な理由

ホーム獣医師のためのコンテンツ>FXをお勧めする理由

動物病院検索サイト「アイペット」管理人の私、常盤の本業はFP(ファイナンシャルプランナー)です。

 

外貨運用のポイントは、運用する資金の性格(何に備える資金か、運用期間は、リスクの許容度は)とともに「取引するコスト」が非常に重要だと考えています。

 

事実上ゼロ金利状態の円に比べ、外貨は一般的に金利が高く魅力的に見えますが、外貨運用には為替手数料のコストが以外に大きく、短期的な運用では為替手数料だけで金利分が飛ぶどころか、マイナスになってしまいます。

 

そこでおすすめするのがFX(外国為替証拠金取引)です。

DMM FX

外貨預金よりもFXが有利な理由

FXはリスクが高いので非常に危険、という考え方があります。

もちろん正しいのですが、それはFXのある一面だけの話です。

逆に初心者でも全然余裕の運用も可能なのがFXです。

 

数百人の獣医師の先生の相談に乗ったFPである「アイペット」管理人の常盤が、なぜFXが有利だと考えるのか・・・

1.FXと外貨預金の比較・・・為替手数料の差が歴然

金融機関

為替手数料(1万ドルあたり、往復)

大手銀行 20,000円
 インターネット専業銀行A  5,000円
インターネット専業銀行B

3,000円

インターネット専業銀行C

800円
FX(DMM.com証券) 20円

2.FXはレバレッジを掛けられる

レバレッジとは文字通り「テコ」の事で、預け入れた証拠金の最大25倍まで運用出来ます。100万円証拠金に入れたら、1ドル110円として約23万ドル(2500万円)の運用が出来ます。

ただし、為替レートが思惑と逆に4円動くだけで約92万円の損が出ますので、最初の100万円が吹っ飛んでしまいます!

 

そこで初心者にもお勧めなのが、「低レバレッジでの運用」です。

 

米ドル預金なら1万ドルの運用に今なら約110万円が必要ですが、FXなら5倍くらいの低いレバレッジを活用すれば20万円程度の円資金があれば余裕で1万ドル運用出来ます。

 

これなら例え5円(1万ドルで5万円分)逆に動いてもまだ15万円の証拠金がありますので、また為替レートが戻って来るまで気長に待てば良いのです(FXに期限はなく、ドルの買いならスワップ(円とドルの金利の差額)が貰え続けられます。

 

 

3.円高局面でも利益を得られる

米ドル預金は、通常円を売って米ドルを買う取引なので、米ドルが上がれば利益が出ますが、為替は常に上下に動いています。

FXならドルを売って円を買う事も出来るので、円高(ドル安)局面でも利益を狙えます。

 

FXなら郵便物がなく、WEB完結(DMM.com証券の場合)できる

 

私のお客様の相談で意外と多いのが、家族に内緒で外貨運用したい、との相談です(笑)。

 

私も使っているFX大手のDMM.com証券なら口座開設から運用、取引の報告書までWEB上で完結しますから、郵便物が無くプライバシーが守られます。最短1時間で口座開設完了し、即取引が出来ます。

 

3倍~5倍程度の低レバレッジを活用してじっくり運用するなら、正直FXを選ばない理由は無いのではないかと思っています。

 

私が使っているFX会社はDMM.com証券です。

スプレッド(為替手数料に相当)が安く、スマホでも取引画面が直感的にわかりやすい。初心者に優しい作りです)。

 

DMM FX