収入は多いのになぜお金が貯まらない?


大切な家族の一員であるペットの健康を守るため、日夜奮闘されている獣医師の先生方。
本当に動物が好きで頑張っていられるので、ご自身のお金には無頓着な先生も多いです。

でも教育費や老後資金、また施設の拡充など、獣医師といえど現実の生活があります。

ファイナンシャル・プランナーである当ウェブサイト管理人が獣医師の先生からお受けするご相談で一番多いのが、「なかなかお金が溜まらない」というものです。

必死に働いて、実際収入も多いのになぜかお金が溜まらない・・・

その大きな理由の一つが、日本の所得税の構造にあります。

 

日本の所得税の特徴は、「超過累進課税」です。つまり頑張って稼げば稼ぐほど懲罰的に税負担が重くなる、という事です。

こんなに減ってしまう手取り額


◇この表は、個人事業主の先生の、所得(収入ー経費)ごとの手取り額のシミュレーションです。(2019年4月1日現在)
※前提条件(・45歳個人事業主、配偶者あり(青色専従者)・子供2人(15歳、12歳)、国民年金、国民健康保険加入)

所得

税・社会保険料

手取り

700万円

所得税

557,100円

4,894,231円

住民税 502,300円
国民年金保険料 196,920円
国民健康保険料 849,449円
所得

税・社会保険料

手取り

1000万円

所得税

1,160,900円

6,890,880円

住民税 791,300円
国民年金保険料 196,920円
国民健康保険料 960,000円

どんな運用をしても元本割れ?


上の表のように、所得700万で税、社会保険の負担が約210万円、所得1000万で約310万円です。およそ30%も引かれるのです。

つまり、先生の積立預金、投資信託、終身保険などは、先生が稼いだ元のお金から30%マイナスの状態からスタートしているのです。

 

たくさん税金を払った後のお金を運用するというのは、決して資金の効率が良いとは言えませんね。

当ウェブサイト管理人はファイナンシャル・プランナーですので、獣医師の先生には次のような情報を提供しています。⇒獣医師の手取りを増やす具体的で簡単な方法